Parks202
[東京都]
contact us!:mail


web http://www.parks202.com
Online Store https://parks202web.stores.jp
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

巨大オムライスワークショップ

一ヶ月程前になりますが、
荒川区の小学校でワークショップを主催させていただきました。



WS01.jpg

WS03.jpg
↑学校に提出した企画書


01_MG_0550_2_650.jpg
00_MG_0577_650.jpg
000_MG_0767_2_650.jpg
12_MG_1129_2_650.jpg
10_MG_1153_2_650.jpg
11_MG_1173_2_650.jpg
13_MG_1202_2_650.jpg
14_MG_1226_2_650.jpg

ワークショップをやらない?」と、声をかけてくれたのは、
赤土小学校で6年生の担任を勤める桃ちゃん。
この春小学校を卒業する子どもたちに、
好きな事を仕事にする楽しさを知って欲しいという想いから、
学外から様々な職業の人を招きたいということで、
楽しく生きてるおとな代表として呼んでいただきました!

なるべくゴミを出さない、という学校の方針の中で、
本来ゴミになってしまう物を使い、
エコロジー感を匂わせることなく楽しめるようなワークショップを目指しました。

生徒たちには、家にある黄色と赤の要らないものや使わないものを持ってきてもらい、
それを使ってみんなで巨大オムライスを作りました。
これは鍋部と同じ流れです。
鍋部の醍醐味は、与えられたテーマに沿った食材を、各自頭を悩ませながら選ぶスーパーの中。
今回のワークショップも、事前に物を収集してもらうことで、
どんなおもしろいものを持っていこうかと子どもたちが悩んだり、
家族に相談したりする過程を想像し、鍋部手法を導入しました。

当日、テンション&連帯感UPのためにコドモはエプロン、オトナはコック帽を着用!
まずは内容を簡単に説明して、最初は好き勝手に作業してもらう。
ところどころ先生と私たちで誘導していくだけで、
みんな次第におもしろい物にしようと工夫していく様子が楽しい。
粛々と細かな作業をすることが好きな子や、大きなブツに手を出す子、
問題解決をしようと機転を利かせるタイプの子が協力し合って一つの目的に向かう姿は、
既に小さな社会のようであり、とてもおもしろかったです。
2時間の長丁場だったので、集中力が切れる瞬間や他に興味が移る瞬間もありましたが、
意外な事にみんな自然に自分の仕事を見つけていくんだなあと感動。

実際我々のようなヘッポコが人に学びや創造を伝えることなどできるのか?
と思いながら挑んだところ、むしろ教えられること多し。
子どもと話をしていて言葉に詰まった時、
普段いかに自分達のフィールドでしか伝わらない言葉で考えていたのか、
口先で喋ることに慣れていたのかと考えさせられたりもしました。
ともあれ、事前情報ではみんな図工嫌いとのことでドキドキしましたが、
手を動かすことを楽しんでくれてとても嬉しかったです!

参加してくれた6年2組のみんな(かわいかった!)、
桃ちゃん、サポートしてくれたまーくん、ありがとう!

DSC03819_300.jpg

2011.02.14(Mon)

work // コメント-0件

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ見せる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。